【新世代弾道論#1】TrackmanのAI Traicy でレッスンプロ全員失業

2020 シニア de Returns

前回 プラス15ヤード㊙新世代弾道論 始めます。

の予告通り、【新世代弾道論】 始めます。

で、 開始にあたり、まずはベンチマークということで、世間の最先端を見てみると、

やはり、ビッグデータを抑えているところが最先端だ。 それは言うまでもなく、

Trackman. ツアープロの顧客は350人。PGAのシード選手は100%導入済だ。

Trackmanは、現状で5億ショット以上の詳細データを持っている。 別の機会に紹介するが、フィールドのMy Trackmanからの収集だけでなく、Trackman Combine Testという、標準化されたショットのテストパターンを推奨しており、これは、米国大学のゴルフ部の、トライアウトの足切りテストになるほど普及している。ってことは、アメリカの若手プロは、高校生の頃からコーチと一緒に、Trackmanのデータを見て、一喜一憂しているわけだ。

このように、Trackmanは急速に、量的にも質的にもビッグデータを充実させている。

こうして集めたデータを活用したのが、AIのTraicyで、ショット毎に、改善ポイントを教えてくれる。裏のビッグデータと照合して、最適値との違いをスコア化して、指摘してくれるわけだ。今のところは、「what」は教えるけど、「how」は教えてません。ということになっている。つまり、「FaceAngleが あと1°クローズになると、より良いショットになります。」と教えてくれるわけだが、どうクローズにするかは、教えてくれない。ここは、コーチと相談してねということだ。

但し、Traicyが、「how」を語りだすのは、時間の問題だろう。

可憐なアシスタントが、牙を剥いたその時、レッスンプロは、何ができるのだろうか。

アメリカの高校生は15-16歳からこんなData-drivenな環境で、競い、勝ち上がり、カレッジ・プロの世界に出てくる。「打ち方は教えない」なんて言っているどこかの国はどうなっちゃんだろう。

私のPCにも、Trackman Performance Studio(TPS)をインストールしたので、

これで私も、Traicyに会える。前回のsessionのデータを TPSで読めるかわからないが、インポート出来たらTraicyによるアドバイスや、その評価も別の機会に紹介したい。

Traicyは、現状のビッグデータ中の最適値、つまり、現在のPGAプロのデータに、合わせ込むと思うので、

これを超える効率を実現するのが、私の新世代弾道論の目標である。

今後の連載で、

  • 現在のPGAプロのデータに、合わせ込むメソッド
  • Golftatの新世代弾道論

を順次解明して行きます。 はたして結果は?

 

ブログランキング応援お願いします。


人気ブログランキングAA

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました