12月月例 ボールテスト。けがの功名とはこのことか。

2020 シニア de Returns

ドライバーが目鼻がついたので、ここ数週間は、アイアンを打ち込んでいた。これが祟って、何年振りかの腰痛に。といっても、ヒドイ痛みはないのだが、体が無意識にどこかをかばうようで、バックスイングが上がらない。ダウンでも意に反して体が止まってしまい、ボールはあらぬ方向に。ドライバーより、アイアンの方が前傾がきついので、負担が大きいのか?

このところ、ドライバーもアイアンも強打する練習しかしていないので、余計に普段との乖離が出て、内容もスコアも悲惨な結果に。

今回は、ドライバーのスピン低減策として、ディスタンス系のボールをテストした。テストとして、D1と、お試し謎の怪物を試したのだが、性能を評価する間もなく、ハーフで3球がOBへと消えた。X2は、もったいなので、試すのさえ止めた。

全く当たらないので、後半は、全て、スリークォーターショットを使った。ほぼべた足。

しかし、これで以下が判明

  • ディスタンス系のボールはやはり楽に上がって飛ぶ。V1Xと全く違う。
  • G425は、ディスタンス系のボールと相性が良い。
  • SWはG425で54°だが、これまたディスタンス系のボールと相性が良い。滑って高く上がるのだが、ロフトが少なめなので丁度よくなる。

もともと、素人はディスタンス系が良いという考えで、今でも80以上打つ人は、ディスタンス系の方が、飛距離もスコアも良くなると思っている。実際、長く使っていて、競技で76を3回続けてHCがインデックス5.0になった時も、キャラウェイのHEXHOTだった。

最近は、HS速めの人がさらに飛ぶという、X2みたいなスーパーディスタンス系のボールも増えてきて、これは試さなかったが、廉価版のD1も結構使えることが分かった。

Lは、 EYE2 GAUGEから G25に変えたが、練習でもこの日も全く使わなかった。58°なら何とかフェースに乗るだろう。なるべく使わないように組み立てるのが良いのだが。

来年の競技に向け、年明けから、アイアン重視に切り替える予定だったが、試合で使うショットのテストを早めることが出来た。ボールとの相性も確認出来た。

けがの功名。これはこれで良しとしておこう。

 

ブログランキング応援お願いします。


人気ブログランキングAA

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました