シニア de Returns 3: シングルプレーンでシングルアゲイン 2

2020 シニア de Returns

前回まで

シニア de Returns 2: シングルプレーンでシングルアゲイン 

そして 迎えた復活競技第1戦 2020年度 キャプテン杯

結果は惨めなものだった。
スコアは 5-6月の月例と変わらず、1.5ラウンドで、130超え。ラウンドなら90切れずということだ。
スコアも体外だが、問題は内容で、
小技は確かに進歩があった。 ウエッジで上げる系統のショットはさて置き、9番の転がしと、パットは、ほぼ 前世(15年前)のレベルに戻した。
しかし、肝心のショットメイキングで、こちらは質、つまり、スイングが良いとか、球筋がどうのこうのと言う以前に、とにかく2打でグリーン周りまで持ってこれない。グリーンに乗る以前の問題で、飛ばずにアイアンも曲がって乗らず、且つ OBもある。
シングルプレーン打法のフォーム習得に執着するあまり、クラブを振ることを忘れてしまったらしい。
ビデオで撮ったフォームを見ても、ぎこちなく、パワーを感じない。

飛ばない。ちょっと振ると途端に当たらない、曲がる。

結局スイング改造は7月復帰戦には間に合わなかった。

もっとアドレスでチルト(後傾)を増やし、アドレスとインパクトのフォーム差を少なく、頭の動きを小さく。 そうすればテイクバックとダウンのプレーンのずれが少なくなり、クリーンにコンタクトできるはずだ。もう少しフォームを修正後、球数をさらに増やせば、全部マッスグという理想に近づくはずだ。

8月の月例。昼食の席。

 

そうか、めずらしく予選落ちか。そう言えば最近毎回、「今回は練習しているから行ける!」と言っているが、成果はあんまりだな。

Sさん

Golftat
Golftat

飛ばしはもうこりごり、(3月にゴルフ再開して)今回は バージョンアップして、アイアンがもっと乗るように、ひたすらマッスグ打てるように、練習してるんです。 今回 キャプテン杯は間に合わなかったですが・・・

Sさんは、少し考え込んでから言った。

 

 

・・・・ そんなTat君は魅力がないな。

Sさん

Golftat
Golftat

魅力がない・・・

独自のゴルフ理論・卓越した道具の知識を生かした自家製ドライバーで、驚くような距離を飛ばす。そこが Tat君のゴルフの良い所だろう。ドライバーマッスグ打って、アイアン乗せる? そんなゴルフは、キミのいいところを殺してしまっている。

Golftat
Golftat

・・・・

人間 いいところを伸ばさなきゃだめだ。欠点はあとから何とでもなる。それに、「ひたすらマッスグ」といいながら、ドライバーのOBが全然減っていないじゃないか。

Sさん

Golftat
Golftat

・・・

Sさんは、いつも私のことを見ていてくれる。他クラブのグランドシニアのチャンピョンであり、ゴルフの先輩シングルであり、人生の先輩であって、交友の少ない私にとって、かけがえの無いメンターである。

Golftat
Golftat

分かりました。 一度原点に戻って、振ってみます。昔のように振り切って、飛ばします。

そうだ、その通りだ。 大体ドライバー全部マッスグなんて、プロでもそんな人居ないわけで、飛ばすより難しいんじゃないか。ショートアイアンは、球数をこなせば精度が上げると思っていたが、結構な数を打ち込んだ割には、コースでの精度は全然変わっていない。

ならば原点に戻って振ってみよう。振って、振って、振りちぎってあげようじゃありませんか。

Golftat 2.0  シングルプレーンでシングルアゲイン 作戦

は止めて、長尺振り回す Golftat 1.0 に戻そう。ちょっとは進化させて1.1位にはしたいな。

そういえば、10年くらい前、スーパーシニアのドラコン(55歳から)に出る計画をしていたな。
もう56歳になってしまったが。どうせなら 56だから、ヘッドスピードHS 56m/sをめざそう。すると、300ヤード出るはずだ。56歳で HS56m/sって、何かすごいじゃないか(笑)
ということで、新たな作戦名は決まった。

Project 56– 56才だけどHS 56 m/sで振って300ヤード飛ばしたい

よし、やろう。56歳のうちに。 あと半年間で、来年の4月中旬までに。

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました