Trackman 測定データは宝の山だ。

シニア・シングル日々の練習MEVO+

前回

[Trackman session] PING G425 Iron ディープ・レビュー

で取り急ぎ報告したが、Trackman session 打ってきました合計116球。

今回の目的は、G425アイアンのディープ・レビュー動画のネタ取りが主なのだが、他にドライバーのデータも取ってきた。目的は

  • 普段通っている練習場のレンジボールとの初速比較
  • ユピテルとの比較
  • 最近ここで買っている近所の〇ルフ5のGC2との比較

のためである。

これによって、普段の練習で、より正確なデータからのフィードバックが可能になる。

TPS  Trackman Performance Stadio ソフトウェアの データは動画と、EXCELの形式で出力できる。今回は詳しい担当者がいなかったので、EXCELのデータしか取り出せなかった。Trackmanのデータ項目は26位あるのだが、measurement測定値とcaliculation計算値がある。で、このEXCELのデータなのだが、「DATA」と「Report」 シートがあり、「DATA」は計測した生データ、REPORTは、計算値も含めて見やすく一覧にした帳票である。

で、REPORTは、計算値なのだが、計算マクロ残しちゃってるじゃないの。

計測項目の、caliculation計算値の定義は、トラックマンユニバーシティ等で公開されている。

TrackMan University - Free Golf Education
TrackMan has developed an online Adaptive education platform, of new and powerful content. Topics include the basics of Ball Flight Laws, Course Management and ...

が、一部計算方法が公開されていない項目もある。

このマクロを逆エンジニアリングすることで、Trackman社内の定義や、システムの設計者の思想が分かるのだ。

私が営業パンフ等に載っていない情報をしゃべると、

「Gofttatさんは、関係者でもないのに、何なんでそんなことが分かるんですか?」

とたまに疑われる。 言えない情報源とはこんな感じなのさ。

ここで得られた知見は、先にお知らせした

プラス15ヤード㊙新世代弾道論 始めます。

の連載で逐次公開していきます。

 

G425アイアン関係は、上の記事でお知らせしたとおり。

他はこれから解析するのだが、現場ですでに気づいたことは、

  • 打ち出し角が出ていない
  • スピンが過多

これまでの室内GC2計測、ユピテル&動画、過去のサイエンスアイ等の計測、およびコースでの観察と異なる結果であった。

未だ解析はこれからのなのだが、これまで投稿してきた、これ 〇ルフ5でのGC2の測定値が正確なら、

Trackmanだと、300ヤードギリギリになると予想していた。

結果は、ロール込み飛距離の上位10選を取ると

で、スピン過多、打ち出し角度不足とともに、予想と異なるデータが他にもある。 スピンと打ち出し角度については、すでに解決済と思っていたのだが、おかしいのはこれまでのデータか、今回使用した計測器か? 今回のTrackmanが正しいならばやり直しだ。

データマイニング、つまり、データから課題を発見するノウハウ。ここが大事。問題点が特定出来れば、問題の8割は解決したも同じだ。その解決方法も含めプロセスをこの連載

プラス15ヤード㊙新世代弾道論 始めます。

で逐次公開していきます。

例えば解決方法ちょっとだけ教えちゃうと、ドライバーの測定項目で一番重要なのは、Low Pointだ。こんなことあまり聞いたことないでしょ。

久しぶりにワクワクする。数字の塊をみて興奮するゴルファーは私くらいだな。

これであなたもプラス15ヤードかも。

ブログランキング応援お願いします。


人気ブログランキングAA

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました